英語の上達の近道は、日常生活の中でなるべく英語に触れる機会を多く作る

私は先日、家族の病院の通院の付き添いをした時に、待ち時間に読書をすることにしました。

その時に選んだ本が英語のテキストでした。

今までは読み物が多かったのですが、こういう時こそ英語のテキストが役立つと思いました。

長い時は数時間待たないといけないので、時間の有効活用としても英語のテキストが役立ちました。

私は英語のラジオ講座を聴いていますが、予習の意味を兼ねて来月号のテキストを持って行き、待合室でずっとそれを見ていました。

普段は時間がないことを理由に、全てのページをじっくり読むことが無かったのですが、今回はそれをようやく行うことができました。

英語のテキストも他の本と同じように、時間を作ってじっくりと読書のように読み込んでいけば良いのだと思いました。

最近は読み書きよりも、聴く、話す方に重点を置いていたので、改めて読むことの重要さを再確認することができました。

私はボキャブラリー不足が長年の悩みですが、読書で英語のテキストをじっくりと読む習慣をつけていけば、少しは単語も覚えていけるのではないかと思っています。

電車やバスなどの公共機関を使うことがほとんどなく、移動は車を運転しているので、空き時間に英語のテキストを広げることがありません。

しかし、時間の使いようによっては病院での待ち時間も英語の勉強時間として使うことができるのだと思いました。

常に英語のテキストをカバンに入れておけば、いつでもどこでも英語の勉強をすることができます。

わざわざ英語の勉強をする時間を取って行うことも大事ですが、それ以外でもちょっとした隙間時間を利用して、英語を勉強していけば、今よりもスキルを早く高めていけると思いました。

私の中では今月は英語のマイブームが来ているので、あらゆる方法で英語に触れる環境を作っています。

作業用のBGMも洋楽にしていますし、テレビも外国語の放送を英語で聴取するようにしています。

普段の生活の中で、無理なく英語に触れる機会を多く作っていけば、それが当たり前になっていき、自然に英語が入りやすくなるのではないかと思っています。

また、わからない単語があればすぐに調べる習慣をつけることで、さらに単語力も上げていけると思います。

私の場合はいかにもお勉強スタイルというよりも、日常生活に近い状態で学んでいく方が、英語が身につきやすいようです。

英語も日本語と同様に生活とともにあると思うので、生活に根付いた方法で自然に学んでいくのが一番効果的なような気がしています。

大学卒業後も勉強を続けたい!英語クラブでの勉強は刺激的だった

私は、英文学を専攻していましたが、大学を卒業してからも英語の勉強をしていました。

20代も半ばになった頃、市内の英語クラブに参加して、英語の学習をしました。

週に1日の英語の会でありましたが、リーデイングと、デイクテーション、スピーキングの勉強をしていました。

リーデイングにつきましては、日本洋書販売のリーダーズダイジェストと言う本を教本にして、クラブの人間同士で和訳を中心に研究していました。

デイクテーションにつきましては、メンバーの一人が、NHKの二か国語放送の英語版をテープで録音して来て、そのテープをクラブの全員で聞いて、書き取りと読み取りと発声練習を行宇野が目的でありました。

最初は、なかなか難しく思うようにならなかったデイクテーションも、半年もするとかなり上達して、NHKのアナウンサーの声と同等のスピードで繰り返し発声練習することが出来るようになりました。

それに、私は家でもCNNのテープを購入しまして、独自にデクテーションの勉強を、夜していた経験があります。

CNNのテープは、ナチュラル英語のスピードで、英語を母国語としている人の発音であるため、非常に聞きづらく、何度も何度も繰り返し聞き返した経験があります。

英語クラブのスピーキングにつきましては、クラブの全員で、あるテーマを決めて、その題材で英語で会話とすると言うものでありました。

私は、この英語クラブを、5年ほど続けましたが、その後、転職したので、行く機会が減ってしまい、残念に思っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です