TOEIC200点アップに成功したことで外資系企業に就職できた

私が憧れていて転職したいと思っていた会社は外資系の会社だったので、当然高い英語能力が求められます。

面接も英語で行われるようでした。

英語の能力は目安としてTOEIC800点以上かな、と考えました。

私は学生時代3週間だけですが留学経験があったので、もう何年も英語を使っていないにもかかわらず、800点なんて簡単に取れると思い込んでいました。

そこでTOEICを受験してみると、まさかの615点しかありません。

615点で外資系の会社の英語面接をクリアして入社するなんて無理だ、と落胆しました。

しかし、なるべく早く転職してしまいたかったので。

とにかく短期間で英語を上達させなければなりません。

英会話スクールは以前まったく続かなかった経験があるので、いっそのこと留学してしまおうかとも考えました。

しかしそんなお金はありません。

TOEICの点数を200点アップするために実践した2つのこと

学生時代に使っていた英語の単語帳を一から覚え直し、YOUTUBEやTEDなどの英語の動画を毎日見続けました。

レベルの優しいものから上級者向けまで様々な質の高い動画を無料で観ることができるのでオススメです。

YOUTUBEもTEDも字幕を付けて観ることもできます。

なんとなく英語の感覚を取り戻したような気にはなりましたが、スピーキングの練習が全くできていないのでどれだけ話すことができるか分かりません。

そこで、1か月6000円で毎日25分フィリピン人講師と会話をすることができるオンライン英会話に申し込みをしました。

最初は緊張して相手の言うことに相槌を打つ程度からのスタートでした。段々慣れていくうちに何を話せば良いのか分かるようになり、会話がスムーズに運べるようになりました。

正直講師の質はマチマチで、会話に身の入っていないやる気のない講師もいます。

やっぱりオンライン英会話じゃ上達はしないかな、と思っていたとき、運命の講師を見つけることができました。私が英語を勉強している理由を知ると、彼女は英語面接対策をしてくれたのです。

「じゃあ次までに志望動機をもっと考えてきて!」と課題まで出してくれました。

彼女はまだ大学生で理系の学部に在籍していましたが、面接対策に長けていて、毎回中身の濃い授業を行ってくれました。

本当に彼女には感謝してもしきれません!

短期間で英語力をアップさせることはできませんでしたが、コツコツ続けていくことで、結果的にTOEICを200点も伸ばし、815点を取得し、見事憧れの会社に就職を果たすことができました。

留学しなくても、家に居ながら英語を上達させることができたこの経験は大きな自信を得られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です