地道な努力でTOEICを攻略!日本語一筋だった私が英会話を始めた理由

英会話できるようになりたいと思う。

先日、仕事で海外へ行った。

向こうの担当は日本語が堪能で仕事は問題なく進んだ。

だが、担当以外の人が世話好きで、こちらがわからなくてもおかまいなく英語で話しかけてくる。

とにかく親切でオヤツやコーヒーを持ってきてくれるのだが身ぶり手ぶりで応じるしかなく気の利いた言葉一つかけられない自分が情けなかったからだ。

さて、とりあえず今の実力を確認するためTOEICを受けてみる。

さすがに無防備ではダメだろうとなんの根拠もなく短期間で650点がとれるとうたう参考書を3カ月間読みこんでみることにした。

受けた結果は、無残にも310点。笑ってしまうぐらい聞き取れない。

読む方も、少し長い文はお手上げでマークシートは、ほとんどカンで塗りつぶす。

いわゆる塗り絵と化していた。

中学校まで確か英語は好きな科目のひとつで成績もよかった。

高校で英語に挫折して以来日本語一筋で30年生きてきた身にとってやはり英語の壁は高い。

本気で取り組むしかなさそうだ。

とにかく英語に慣れるしかない。

特に聞き取れる力をつける必要がある。

選んだのがNHKのラジオ講座。

「ラジオ英会話」と「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」

毎日通勤時間を利用して聞き取りと帰宅してからテキストを見ての復習。

聞き取りに合わせて、口に出してみる(シャドーイングというらしい)おかげで雑誌など他の本を読む時間が減ってしまったがしょうがない。

何かを得るには何かを犠牲にしなくては。

半年間続けてみた。何とか簡単な文は聞き取れるようになったように思う。

英語を聞くこと自体も少し楽しくなってきたようだ。

再度TOEICを受けてみる。

結果470点。

100点以上増えてはいるがあまり伸びていない。

まだまだのようだ。

でもカンで解いていた前回に比べ、わかって解けた問題が多くなったように思う。

中途半端に理解できたために考えすぎた問題もあった。

ここまでの勉強方法はそれほど間違えてはいないようだ。

また、TOEICは一般に使う会話だけでなく仕事でしか使わないような文が出てくる。こ

こら辺を強化する方法についても考えてみる必要がありそう。

だが目標は、一般会話ができればよいので、今の方法をもう半年続けてみよう。

もう少し慣れてきたら「ビジネス英会話」に取り組んで点数アップも目指してみたい。

何とか600点は超えたい。

2020年、オリンピックで日本に来る海外の人の手助けが気軽にできるようになっていたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です